顔の医療脱毛に伴う悩みと解説

医療脱毛を利用して顔の脱毛を行いたいけど、ニキビや肌荒れでも医療脱毛は可能?

顔の医療脱毛に伴う悩みと解説

医療脱毛を利用して顔の脱毛を行う前に気になる悩みや疑問など様々あると思います。

そんな悩みについて解説を行います。

あくまで解説のため医療脱毛を取り扱っている病院やクリニックに直接担当医に質問する事をオススメします。

◎敏感肌でも受けることが出来る?

敏感肌でも医療脱毛を行うことは可能です。

むしろ、顔が敏感肌の方は脱毛サロンより医療脱毛での脱毛をオススメします。

医療脱毛はレーザーを使った脱毛方法で、敏感肌には向いていないと思われがちです。

敏感肌の場合、自己処理を行うことにより肌トラブルが増えてしまいます。

医療脱毛を行うことにより、自己処理の回数を減らすことで肌トラブルを未然に防ぐことが出来ます。

そのため敏感肌の人こそが医療脱毛を行うべきといわれているのです。

・敏感肌についての記事はコチラから~多くの女性を悩ます「敏感肌」の原因はいったい何?

◎ニキビが出来た場合

顔にニキビやニキビ跡があっても、医療脱毛を受けることは可能です。

実際に施術する際にニキビの部分を避けて照射して頂けます。

照射型の脱毛では黒い色素に反応しますが、ニキビ跡のような薄いシミであればそれほど強く反応しないそうです。

ですが、顔の広範囲にニキビが発生している、白っぽいニキビではなく赤く炎症しているなど肌の状態によっては医療脱毛でも受けることが出来ない場合もあります。

◎一番は医療脱毛クリニックの医師に聞くこと

何度も言いますが、本当に気にしていることや悩みなどは医師に聞き自分がしっかり納得するまで説明して頂きましょう。

納得できないまま脱毛治療を受けることは不安も残りますし、後々後悔することも少なくなります。

最終判断は医療脱毛を受ける自分自身ということを頭に入れて施術を受けましょう。